みやじーブログ

中古マンションリノベーション、ライフハックなどなど

【大分県】坊ガツル、法華院山荘へ登山 〜いろいろな景色あり、あったかい昼食ありの初心者向けコース〜

スポンサーリンク

こんにちは、みやじーです。

今回は大分県九重連山にある坊ガツル、法華院山荘への登山の様子をレポートします。 坊ガツルは四方を九重連山に囲まれた、一面緑の湿地帯が有名です。希少な草花や昆虫も多く、ラムサール条約にも登録されています。キャンプ場や近くの法華院山荘に泊まって、そこから周りの九重連山に山登りする人が多いようです。

今回は「ビストロきっちょむ登山隊ブログ」を見て、九重連山に囲まれた良いところだなぁと思ったので行くことにしました。このブログは本当に楽しそうに登山をしている様子が伝わるので、登山行きたい熱を上げてくれる素晴らしいブログです。

●ビストロきっちょむ登山隊ブログ
kiccyomu.net

登山3回目の初心者なので、泊りは無しで、坊ガツルへの日帰り登山です。いろんな景色は見れるし、法華院山荘で温かいランチは食べられるし、登山初心者向きのコースでした。途中では小学生や60歳過ぎのお年寄りを連れた家族連れともすれ違いましたので、色んな世代で楽しめるコースだと思います。

ルートの案内

今回のルートは長者原→すがもり越え→法華院山荘→坊ガツル→雨ヶ池→長者原の周回コースです。嫁さんと二人で登っています。初心者なのでゆっくりペースです。

・長者原(9:00)→すがもり越え→法華院山荘(12:00) :3時間
・法華院山荘で昼食:1時間
・法華院山荘(13:00)→坊ガツル→雨ヶ池→長者原(16:00):3時間

コース地図などは下のYAMAPという登山SNSに上げていますので、参考にしてください。

yamap.co.jp

ネットを見ていると私とは逆回りで登られる方が多いようですが、法華院山荘での昼食後にすがもり越えの登りがきついときっちょむ登山隊ブログで知ったので、この順にしました。結果的には大正解でした。行きのすがもり越えに比べたら、帰りの坊ガツル、雨ヶ池のほうが疲れません。

行き(長者原→すがもり越え→法華院山荘)

車は長者原ビジターセンターの駐車場に止めました。すぐ隣が登山口です。
はじめは舗装された道が続きます。
f:id:miyaji778:20180825160433j:plain
腰高さの藪をすすんだり、
f:id:miyaji778:20180825160448j:plain
ごつごつの岩場を登ります。
f:id:miyaji778:20180825160506j:plain
一番きつかったのは、すがもり越えの手前、砂防ダムを渡ってから、急な岩場を直線的に上っていきます。
f:id:miyaji778:20180825160528j:plain
すがもり越えの避難小屋で休憩です。かなり有り難かった。
避難小屋では、法華院山荘のお弁当を食べる家族連れがいました。 f:id:miyaji778:20180825160546j:plain
法華院山荘はかなり立派な建物でした。
f:id:miyaji778:20180825160604j:plain
昼食は私が牛丼(1000円)、嫁さんがカレー(800円)を頂きました。
しっかり暖かいご飯が食べられるのはうれしいですね。ゆっくり休憩しました。
f:id:miyaji778:20180825160623j:plain

帰り(法華院山荘→坊ガツル→雨ヶ池→長者原)

法華院山荘から5分も歩けば坊ガツルです。九重連山に囲まれた青々とした湿地帯が見事です。
f:id:miyaji778:20180825160647j:plain
そこからまた、岩場を登ると雨ヶ池の木道です。
f:id:miyaji778:20180825160703j:plain
f:id:miyaji778:20180825160718j:plain
最後に長者原の木道を歩いてゴールです。
f:id:miyaji778:20180825160736j:plain

アサギマダラも見れました

途中、海を渡る蝶として有名なアサギマダラを何羽か見ました。初めて見たのですが、青紫の大きな羽をふわふわしながら舞う姿がとてもきれいです。残念ながら写真は撮れなかったので、フリー写真素材ぱくたそ からお借りしました。

f:id:miyaji778:20180823080157j:plain

他の登山の記事

初めての登山、大分県の高崎山に登った時の記事はこちらです。片道1時間程度なので、初めての方にはおすすめです。

www.miyaji778.com

最後に

今回の登山は、本当にいろいろな景色が見られて楽しかったです。特に行きは藪漕ぎから岩場、見晴らしの良い平坦な道など少し歩くだけで周囲が変わって飽きませんでした。山の山頂に登ったわけではないですが、充分楽しい登山になりました。これから秋になって登山シーズンになるので、いろいろ行ってみたいです。