みやじーブログ

中古マンションリノベーション、ライフハックなどなど

リノベーション会社はワンストップ型のベツダイさんを選んで良かった

スポンサーリンク

f:id:miyaji778:20170819182704j:plain

中古マンションのリノベーションは色々なタイプの会社があります。以下サイトに詳しく載っていますね。

rehome-navi.com

以下の5つに大別されるようです。

・不動産会社

・工務店

・リフォーム会社

・設計事務所や建築家

・ワンストップ型

 

私はワンストップ型のベツダイという会社に依頼しました。結果的にはとても満足したリノベーションができているので、今回はワンストップ型の魅力や、ベツダイさんの良かったところ、残念だったところを紹介します。

 

<目次>

 

ベツダイに決めた理由

まずは簡単にベツダイさんのご紹介を。

www.betsudai.jp

・大分県地場の総合住宅メーカー。1963年創業。

・マンション関係はの新築の建設・販売から、中古住宅の販売、リノベーションも手がける

・定額制リノベーション「Re住むリノベーション」で全国フランチャイズ展開

・戸建ても規格住宅ZERO-CUBEで全国フランチャイズ展開

 

私がベツダイさんを選んだ理由は以下の3つです。

 

理由1:ワンストップが楽そうだった

物件選びから初めないといけない我々にとって、物件選びとリノベーションを別会社に頼むのは結構ハードルが高かったです。1つの会社、一人の担当者さんで最後まで出来るので安心感がありそうでした。物件情報もベツダイさんにWeb会員登録することで、メールで情報収集を事前にできました。

 

理由2:地元なので近くで打合せが出来る

自宅からベツダイさん本社まで片道10分位なので、あまり負担はかかりませんでした。毎週のように打合せが続くので、あまり遠くの会社は避けたいですね。

 

理由3:Webサイトの施工事例や価格情報が豊富だった

ベツダイさんのリノベーションのWebサイト・Re住むリノベーションはこちらです。

resumu.com

こちらのサイトではシンプルモダン、ビンテージ、スカンジナビアなど様々なスタイルが見られます。カリフォルニアスタイルなどデザイン性の高いプランも多く、素敵な家ができそうだと思いました。さらにはっきりとした価格が載っているので、安心感が有りました。

 

ベツダイの良かったところ

 

物件選びからリノベまで一貫している安心感

中古マンションリノベをやってみてわかったのですが、リノベはとても沢山の人が関わります。設計士さん、(内装の)コーディネーターさん、住宅ローンの銀行担当者さん、工事担当者さん、などなど。この人達との調整や、事務手続きを一人の営業さんにお任せできるのはとても安心できました。

また、予算についても、物件選びの段階から、総額費用を伝えて進めることができたのは良かったです。物件を決める際も、この価格だとリノベ費用は幾らになり、それだとこれ位のリノベが出来るという話ができました。

 

住宅ローン手続きもほぼお任せで楽チン

リノベの住宅ローンの場合、住宅購入とリノベの2つのローンになるので、提出書類が多かったり、支払いが2回になったりと手続きが非常に複雑です。ベツダイさんの場合、このあたりの手続きもほぼお任せで出来るので、楽チンでした。銀行の営業さんとのアポイントや、ローン仮申込書の書き方を教えていただいたり、火災保険会社を紹介頂いたりと、かなり助けられました。

 

購入品の割引率が高い

キッチンやお風呂はPanasonicやリクシルで購入したのですが、ベツダイさんの場合、かなり大きな割引率で購入できます。(常務さん曰く)ベツダイは新築やリノベで全国フランチャイズ展開しており取引量が多いため、割引率も大きくなるようです。小規模な工務店や設計事務所に比べて大きなメリットですね。

 

ベツダイの残念なところ

コーディネーター(デザイナ)さんにもっと早く関わってほしい

ベツダイは営業さん以外にもいろいろな方とリノベを進めていきます。

 

 物件選び〜物件契約:営業さん

 リノベ間取り検討〜リノベ基本契約:営業さん+設計士さん

 リノベ内装検討:営業さん+設計士さん+コーディネーターさん

 着工〜引き渡し:営業さん+設計士さん+コーディネーターさん+工事担当者さん

コーディネーターさんはフローリングや扉、壁紙、照明を選ぶ際にデザインの面から提案をしてくれる人です。この人が登場するのはリノベの基本契約が終わった後なのですが、もっと早くリノベ間取り検討の段階から関わってほしかったです。基本契約の段階でフローリングや扉も一旦決めるので、この際にコーディネーターさんの意見も聞けたほうが早くプランがまとまったかなと思います。実際内装検討でフローリングは変わりました。

 

内装のパース(3Dデザイン)がリアルタイムに見れない

パースとは平面の設計図を元に、3Dにして色なども入れた図です。

これをベツダイさんで作っていただいたのは、間取り検討の途中の1回のみ。フローリングやクロスは決まっていないので、何パターンかの仮デザインで作られたものです。その後フローリングやクロス、扉を本決定する際には、このパースを変更しながらの検討ができません。平面図を元に頭のなかで想像するしかいので結構大変でした。パースを作るのは大変かもしれませんが、高精度でなくても良いので、パースで色などを変えながら、検討ができたら満足度が高まると思います。こんなソフトもありますし。

 

建築プレゼン・3Dパース作成ソフト|3DマイホームデザイナーPRO9EX

 

住宅ローンでネット銀行を渋られたこと

当初SBIネット銀行での住宅ローンを考えていたのですが、ベツダイの営業さんにはかなり渋られました。以前ネット銀行を利用しようとした人が、手続きが煩雑すぎて期限ギリギリでギブアップして、急遽地元の銀行で手続きした事があったようです。私もとても迷ったのですが、繰り上げ返済前提で早期に完済してしまえば、支払総額は地元の銀行とそこまで大きくなかったので、地元の銀行にしました。しかし、今後はネット銀行の住宅ローンももっと増えてくるはずです。ベツダイさんにもぜひ利用に前向きになってもらいたいです。

 

最後に


ワンストップ型は、物件選びから始めてリノベも初めてという方にはぜひ選んでもらいたいです。これからはワンストップ型もたくさんの会社ができるでしょうから、ネットでの評判や、周りの人から評判を聞いたりして、慎重に会社を決めたいものです。