みやじーブログ

中古マンションリノベーション、ライフハックなどなど

最高の賃貸アパートから中古マンションリノベを決意した理由

スポンサーリンク

はじめまして、みやじーです。

今日からブログをはじめました。

ただ今、中古マンションを買ってリノベーション中です。リノベ中に考えたこと、調べたことをシェアして「これからリノベするぞ」という人の役に立つブログを目指します。

まずは簡単に、自己紹介から。

今は賃貸アパートに住んでいますが、このアパートがかなり快適なんです。

そんな私が中古マンションリノベーションを決意した理由をお伝えします。

 

今の賃貸アパートについて

今の賃貸は大和ハウスの賃貸アパートです。2LDK/約60平米で、夫婦二人暮らしには丁度いいんです。このアパートいいところが多すぎて、これよりいい物件見つけられるのかと不安になります。

今の賃貸アパートのいいところ

新しくて最高

築8年(私が入居時は築4年)なので扉や窓、キッチン、お風呂もかなりキレイです。特に水回りは古くなると汚れがはっきりわかりますから、嬉しいです。そして新しいからこその設備がいくつもあるんです。

1畳風呂が最高

私がこの物件に決めた大きなポイントの一つが大きなお風呂です。1畳風呂とアピールされてましたが、横にふくらんだ部分も入れると、1畳は超えてると思います。身長176cmの私でも足は十分伸ばせます。浴槽内にあるベンチ部もよく使っています。疲れて帰って、このお風呂にゆっくりと浸かる時間は本当にリラックスできます。

収納が多くて最高

リビングに小型のウォークインクローゼット、寝室にもクローゼットと押し入れがあり収納力は抜群です。ハンガーパイプもたくさんあって、コートやスーツの収納に助かってます。

間取りが最高

LDK(11.5畳)と洋室(6畳)が半透明のスライド式パーティションで仕切られていますが、常に開けっ放しにすることで、17.5畳のLDKとして使っています。かなり広々していて開放感いっぱいです。南向きに大きな掃き出し窓が2つありますから、明るさも十分です。

設備が最高

お風呂とトイレの24時間換気、浴室乾燥機、玄関の人感センサーライト、室内物干し竿、キッチンカウンター下の収納など便利な設備が沢山付いています。室内物干し竿と浴室乾燥機は、嫁さんがすごくありがたがっています。

  

今の賃貸アパートの悪いところ

揺れる

賃貸アパートは3階建ての3階なのですが、すぐ横に大型トラックがバンバン通る道路があり、四六時中ガタンガタンと揺れるんです。震度2くらい地震じゃ気付きません(笑)。住んで半年くらいで慣れましたが、気持ちのいいものではありません。

 

キッチンが小さい

キッチン長が185cmしかないので狭い狭いと嫁さんがよく不満をこぼします。洗った食器を乾かす水切りかごが小さいので、お皿やグラスが芸術的にバランスしながらかごに押し込まれています。当然食洗機もありません。

 

書斎がほしい

静かに本を読んだり、パソコンしたりするスペースが無いんですよね。日曜日の夜なんかは、嫁さんがリビングでテレビ見てて、自分は寝室のベットで本読んでることも時々あります。小さくていもいいから自分の書斎があると、我が家って感じがするんですよね。

 

そんなわけで・・・ 

良いところがた~くさんあって、かなりお気に入りの賃貸アパートだったのですが、4年も住むと悪いところが目に付いてきました。賃貸アパートにこの後ずーと住むより、出費は少し増えるけど心地よい「我が家」を持ちたいなという気持ちが強くなったのです。

 

中古マンションリノベを決意した理由

タイミング

今年の1月に大きな仕事が一段落して、半年くらいは通常運転で仕事ができる予定だったので、2月から家造りに向けた動きを開始しました。(情報収集はもう半年くらい前から始めてましたけどね。)家造りとなると、物件探しや住宅の打合せで休日は忙しくなりますし、住宅ローンや間取り検討などでかなり神経も使います。心身共に健康な状態で活動を始めたほうがいいです。

 

戸建てじゃなくてマンション

私の場合は以下の理由で戸建てじゃなくてマンションを選びました。

  • 転勤の可能性や、老後は実家の岐阜に住む可能性を考えると、売れる家がいい
  • 休日は外食や映画で繁華街に出ることが多いので、街の中心部に住みたい
  • 戸建ては近所付き合いや町内会の付き合いが大変そう
  • 庭で野菜を作ったり花を育てたりする趣味は夫婦共にない

どちらがいいなんて、絶対的な基準はないです。自分の価値観、家や生活に求めるものを夫婦でよく話し合って決めればいいんです。

新築マンションじゃなくて中古マンションリノベ

新築マンションと中古マンションリノベの利点は何と言っても自由だ−!ということです。

 場所が自由だ

中古のほうが圧倒的に物件数は多いですよね。私の職場と嫁さんの実家との距離を考えると、この辺がいいという地域はあったのですが、残念ながらそこには新築マンションはありません。中古なら何件も候補はあるんです。

間取りが自由だ

フルリノベーションすれば、残るのは玄関ドアと窓だけで、間取りはイチから作り込めます。私は今の賃貸みたいな広くて明るいLDKが欲しい、広いお風呂が欲しい、書斎がほしいというこだわりがあったので、リノベーションにしました。

設備・内装が自由だ

新築マンションは扉などの建具、キッチン・お風呂・トイレなどの水まわり設備、壁紙やフローリングは色違いなどの数プランから選ぶことになるようです。リノベーションの場合は、何でもありです。私は下のこだわりを実現できました。

  • キッチンは標準仕様に10年掃除要らずのレンジフードをプラス
  • 基本ドアは白いシンプルなものですが、リビングのメインドアだけ青いビンテージ調に変更
  • 各部屋にアクセントウォール(壁の一面だけ色を入れるなど目立たせる)を入れる

本当に心地よい空間に住みたいという方にはおすすめです。

 

最後に

今の最高の賃貸アパートがあったからこそ、これに負けない持ち家を作るために、中古マンションリノベーションに行き着いたという感じです。もっと普通の賃貸に住んでいたら、憧れだけで新築マンションを買っていたかもしれません。

 

結婚して2−3年賃貸に住んで、そろそろ家がほしいなぁと考えている皆さん、中古マンションリノベーションいいですよ。まちなかのマンション暮らしがいいし、設備や内装もこだわりたいという方は、絶対検討した方がいいです。全国的に中古マンションも増えてますし、リノベーション業者さんも増えてますから何でもできますよ。